がんのリハビリテーション運営委員会

ここでは、「がんのリハビリテーション運営委員会」に関する、関係資料を参照、及びダウンロードすることができます。

がんのリハビリテーション運営委員会 委員会代表からのご挨拶

【がんのリハビリテーション運営委員会の目指すもの】
 治癒を目指した治療からQOLを重視したケアまで、切れ目のない支援をするには、わが国のがん医療の現状は不十分であるといえます。 がん患者にとっては、病としてのがんに対する不安は当然大きいでしょうが、がんの直接的影響や手術・化学療法・放射線治療などによる『身体障害に対する不安』も同じように大きいものでしょう。 加えて近年のめざましいがん医療の進歩とともに、障害の軽減、運動機能の低下や生活機能の低下予防・改善、介護予防などを目的として治療的介入を行う必要性は、今後増えることはあっても減ることは決してないと思われます。
 がん患者に対するQOLの向上を目的にした“がんのリハビリテーション”には、がん医療全般の知識が必要とされると同時に、運動麻痺、摂食・嚥下障害、浮腫、呼吸障害、骨折、切断、精神心理などの障害に対する高い専門性が要求されます。 しかし、今日までリハビリテーション専門職に対する研修プログラムは存在していませんし、ベットサイドでケアを行う看護職へも、がん患者に対するリハビリテーション・ナーシングに関する専門的な教育はなされてきていないのが現状です。
 本研修委員会は、“がんのリハビリテーション”に精通した人材を育成し、がん患者に対するリハビリテーションを普及することを目的に設立されました。 そして(一般財団法人)ライフ・プランニング・センターが主催する「がんのリハビリテーション実践セミナー」に全面的に協力することになりました。
 がん医療に携わっている多職種の医療従事者が、がん患者に対するリハビリテーションに必要な知識や技能を習得し、本研修委員会の活動が、がん医療の質の向上に貢献し、がん患者のQOL向上の一助となれば幸いと考えます。

がんのリハビリテーション研修委員会代表
慶應義塾大学医学部リハビリテーション医学教室  辻 哲也

がんのリハビリテーション研修 運営委員のご紹介

2021年5月 現在

団 体 名氏 名勤 務 先
一般財団法人ライフ・プランニング・センター辻 哲也
小林 毅
慶應義塾大学医学部リハビリテーション医学教室
日本医療科学大学保健医療学部 リハビリテーション学科
公益社団法人 日本リハビリテーション医学会幸田 剣
酒井 良忠
和歌山県立医科大学 リハビリテーション医学講座
神戸大学大学院 医学研究科 リハビリテーション機能回復分野
日本リハビリテーション看護学会松浦 眞喜子
熊谷 恒子
一般財団法人 みちのく愛隣会 東八幡平病院
宮城県看護協会
日本がん看護学会阿部 恭子
栗原 美穂
東京医療保健大学 千葉看護学部
国立がんセンター東病院
公益社団法人 日本理学療法士協会高倉 保幸
井上 順一郎
埼玉医科大学 保健医療学部 理学療法学科
神戸大学医学部附属病院 リハビリテーション部
一般社団法人 日本作業療法士協会三沢 幸史
櫻井 卓郎
医療法人社団幸隆会 多摩丘陵病院 リハビリテーション部
国立がん研究センター中央病院 骨軟部腫瘍・リハビリテーション技術部
日本言語聴覚士協会神田 亨
杉森 紀与
静岡県立静岡がんセンター リハビリテーション科
東京医科大学病院 リハビリテーションセンター
タイトルとURLをコピーしました